【お知らせ】

当ホームページで掲載している価格について消費税増税に伴い変動している可能性がございます。詳しくは各店舗・施設までお問い合わせいただきますようお願いいたします。

南海沿線の気になるスポットを発見!あちこち寄り道してみたい情報が盛りだくさん!

南海沿線情報誌 Natts

特集 特集

四季を美味しく楽しめる!味覚狩りの里、観光農園「南楽園」

8

ブックマークする

LINE

変わり種自転車が800台!1日遊べる関西サイクルスポーツセンター

かわいい形や不思議な動きをする変わり種自転車、
ペダルをこぐと上空30mへ上昇するサイクルパラシュートなど、
自転車がテーマのアトラクションを楽しめるテーマパーク
関西サイクルスポーツセンターをご存知ですか?

乗り物

「南海なんば」駅から南海高野線「河内長野」駅まで電車で約30分、南海バスに乗り換え約20分。

アクセス

今回は大阪市内から約1時間で行ける
関西サイクルスポーツセンターをご紹介します。

line

「自転車がテーマのアトラクション?」という疑問を解決すべく、さっそくアトラクションを見ていきましょう!

合言葉

モッズ

まずはテーマパークの定番、ジェットコースターから。ビュンビュンとスピードが出て楽しい「モッズ」ですが、本当に自転車の要素はあるのでしょうか?

ペダルでこぐ

「モッズ」はサイクルコースターの名の通り、ペダルをこいで加速する仕様になっています。その他にもペダルをこいで楽しむアトラクションがずらり!ここからは、一気にご紹介していきます♪

サイクルパラシュート

「サイクルパラシュート」の魅力は、ペダルをこぐと急上昇するゴンドラとパラシュートでふわっと落ちる感覚♪とても楽しいアトラクションです!

水陸両用サイクル

大きな車体ですが意外とスイスイ進みま…せん!水の中に入るとペダルが重く、良い運動になると噂?の「水陸両用サイクル」。

くるコプター

ヘリコプター型の自転車「くるコプター」も、もちろんペダル完備!こぐと回転スピードがアップして面白さ倍増ですが、目が回らないよう気をつけましょう(笑)

スカイサイクルウォーカー

「スカイサイクルウォーカー」は空中を走っているような気分を味わえるアトラクション♪グラッとくる横揺れがスリリングです。

ポッポサイクル

見た目から園内をゆったり走る汽車と思われがち?な「ポッポサイクル」。意外にもスピード感があり、小さな子どもも大満足でした。

変わり種自転車

関西サイクルスポーツセンターといえば、やっぱり変わり種自転車が人気!街中では決して見ることのできない自転車を好きなだけ堪能しましょう♪

 

ひとりで乗ったり

サイクリングコース

自転車

紹介しきれないほど自転車がありますが、ぜひたくさんの種類にチャレンジしてみてくださいね♪

サイクリングコース

ここまで少し変わった自転車のアトラクションを紹介してきましたが、関西サイクルスポーツセンターでは普通の自転車を楽しめる「サイクリングコース」もあります。

自転車

たくさんの自転車の中から、お気に入りの1台を選びましょう。スポーツタイプの電動自転車「eスポーツバイク(別途料金必要・1時間1,000円 税込)」の体験もできますよ!

サイクリングコースを走る

緑の木々に囲まれた「サイクリングコース」は休憩スポットもあり、とても気持ちよく走れます。

サイクルリュージュ

ペダルをこぐのに疲れたら、ニュージーランド生まれのニュースポーツ「サイクルリュージュ」がおすすめ!

ソリ

車輪のついたソリに乗り、全長330mのコースを一気にすべり下ります!ハンドルを上下に動かし、アクセル・ブレーキを操りましょう♪

line

お腹がすいたらゆったり食事を楽しもう♪

「レッツ!!コギコギ!!エクササイズ!!」していると、当然お腹も空いてきますよね?関西サイクルスポーツセンターには、レストランやフードコーナー、バーベキューが楽しめるテラス席も用意されているので安心♪

南楽園看板

正面ゲートを入って最初に見えてくるのが「レストランシルバー」。お子様ランチやカツ丼、オムライスなど大人も子どもも楽しめるメニューが揃っています。

南楽園看板

 

ご飯をしっかり食べて「レッツ!!コギコギ!!エクササイズ!!」を楽しみましょう♪

おでかけ情報

施設名

関西サイクルスポーツセンター

住所

大阪府河内長野市天野町1304

営業時間

平日 10:00~17:00
土日祝 9:30~17:30

定休日

火曜日

関連リンク

※営業時間・定休日は月ごとに変動しますので、
詳しくは関西サイクルスポーツセンター営業カレンダーをご覧ください。

URL

line

関西サイクルスポーツセンターのおすすめポイント

関西サイクルスポーツセンターは、園内キャンプエリアのバンガローやコテージでの宿泊も可能。バーベキューや飯ごう炊さんを泊りでも日帰りでも楽しめます♪(完全予約制)

南楽園看板

他にも人気のキャラクターショーや立体迷路、健康複合遊具エリア、夏限定のプール、自転車の歴史や知識が学べるミニ自転車博物館など、1日で遊びつくせないボリュームとなっています。

南楽園看板

いろんなアトラクションで「レッツ!!コギコギ!!エクササイズ!!」
今度のお休みは体を動かし、楽しい思い出がたくさんできる関西サイクルスポーツセンターを訪れてみてはいかがでしょうか?

行ってみたい、やってみたいを見つけよう!

Natts
ぶらり旅
めでたい電車
天空
minapita
みさき公園
とんぼりリバーウォーク
ホテル中の島
南海100駅自慢
なんかい日和