南海沿線の気になるスポットを発見!あちこち寄り道してみたい情報が盛りだくさん!

南海沿線情報誌 Natts

スポット スポット

大阪・和歌山の「おすすめスポット」をご紹介 大阪・和歌山の「おすすめスポット」をご紹介

沿線のおでかけスポット

表示件数:
30 590
並び替え:

井原里駅

中国酒菜 成龍 (ちゅうごくしゅさい せいりゅう)

ポイント①オーブンでじっくり焼いた後に高温の油でパリっと仕上げる骨付きもも肉の焼き物(脆皮鶏) ポイント②エビがぎっしり詰まった海老揚げ餃子(沙拉蝦角) ポイント③黒酢の風味が食欲をそそる! やわらかスペアリブの黒酢酢豚 ポイント④花椒のシビレがたまらない! 四川式麻婆豆腐 ポイント➄途中ギブアップ者多数!? 四川式超激辛しるそば その他にも、点心や麺・ご飯物が充実。本格的な四川・広東料理をお手頃価格で楽しめます。 《団体予約》 個室は13名以上から、貸切は20~25名位まで(コース料理は¥4,400~) 《ランチ》 メニューは¥1,000~ 日替わりセットの他、海鮮入りお粥 セットとあんかけ焼きそばセットがあり、プラス¥400でデザートとコーヒーが付きます。

4

和歌山市駅

淡路島バーガー 和歌山店

神戸・西宮で噂のお店が、2020年10月16日、和歌山市駅東側にオープンしました。注文を受けてから調理しています。また、電話予約やテイクアウトにも対応しています。 《お店のこだわり》 ・淡路島バーガーの主役はお肉ではありません。主役は淡路島産の甘い玉ねぎです。 ・淡路の藻塩でソテーした玉ねぎは、お肉にも勝るバーガーの主役に。 食の宝庫・淡路島の食材にこだわった、この贅沢をぜひ味わってください。

2

深井駅

クラブ ヴィアージュ

チャペル併設で気分も高まるラグジュアリーな時間を 荘厳な雰囲気のチャペルに併設されたイタリアンレストラン。ホテル出身のシェフが手がける季節の料理はどれも華やかで、ランチタイムには本格コースがお手頃価格で堪能できる。 サプライズにも協力してくれるので、お祝いごとや記念日などに訪れるのもおすすめ。 画像1枚目:ディナーコースは6,000円~。季節ごとの料理がお楽しみ。写真はメインの牛フィレ肉のグリエ。 画像2枚目:ランチコース2,800円~。本格パスタも美味。 画像3枚目:客船のレストランをイメージした店内。 「Nattsを見た」で、スパークリングワイン含む1ドリンクプレゼント ※2020年12月30日(水)まで有効

3

泉ケ丘駅

日本料理 手と錫(てとすず)

上品な味わいの日本食を気軽に満喫できる 数々の日本料理店で研鑽を積んだ店主が、地元泉北エリアで独立。泉州産のほか季節に合わせた食材や自家製のポン酢を使用し、繊細な味わいの料理を提供。 完全予約制のコースには6,000円、8,000円、10,000円の3種がある。 画像1枚目:月替わりランチコース2,500円は、お造りや季節のご飯など全6種の献立。写真はランチコースの前菜盛り合わせ。 画像2枚目:鰤の幽庵焼き。 画像3枚目:カウンター席があり、お一人様もOK。器や漆塗りのお盆も美しい。

1

光明池駅

遊食家 闌(ゆうしょくや たけなわ)

豪華に盛られた料理や過ごしやすい空間が魅力 女性に人気の多彩なメニューを盛り合わせたランチ御膳のほか、ディナータイムには創作和食が ゆったりと堪能できる和食処。お刺身や焼き物をはじめ、 季節の魚料理を中心とした品数の豊富さも自慢。 一品料理はテイクアウトもOK。 画像1枚目:牡蠣の器に盛られた海鮮クリームコロッケ1,380円。ローストビーフサラダ1,280円もおすすめ。 画像2枚目:造り盛り合せ2人前2,750円。 画像3枚目:掘りごたつの個室席でまったり過ごして。 ※価格は全て税込み。

1

光明池駅

中国菜房 豪也(ちゅうごくさいぼう ごうや)

"匠"なスパイス使いの刺激的な中華を堪能 中華に欠かせない八角をはじめ、個性あふれるスパイスを絶妙に組み合わせた料理が揃う。 東京のホテルやふかひれそばの名店で修業したシェフが腕をふるう、本格的でリーズナブルな料理の数々をぜひ。シメには、手間ひまかけたスープでいただくつゆそばがおすすめ。 画像1枚目:スパイスを約20種使う四川名菜よだれ鶏1,000円。 画像2枚目:5時間以上煮込む鶏白湯スープのふかひれ煮込み入りつゆそば1,650円。 画像3枚目:落ち着ける店内に香辛料の香りが漂う。 ※価格は全て税込み。

2

栂・美木多駅

河内屋(かわちや)

ベテラン店主が営む落ち着いた割烹で一杯 こぢんまりとした割烹料理店で、和食の道40年の店主が 一人で切り盛りする。 もとは寿司店を営んでいたことから、常連さんの希望でお寿司も提供するように。旬の野菜や魚介に合う、種類が豊富な地酒も一緒に楽しんでみては。 画像1枚目:活車エビや大トロ、ウニなどを盛リ合わせた特上握り2,500円。 画像2枚目:具だくさんの小芋と五菜あんかけ900円。 画像3枚目:のどぐろ塩焼2,000円~は脂がのって美味。 画像4枚目:笑顔の素敵な店主がつくる落ち着いた空間。テーブル席の個室もあり。

2

和泉中央駅

RESTAURANT Y(レストラン ワイ)

隠れ家フレンチの芸術的な一皿に感動 割烹料理店や、フランスの三つ星店での料理経験を持つシェフが手がける創作フレンチレストラン。これまでの経歴を生かして和食の調理法をベースにした、枠にとらわれない本場のフランス料理が楽しめる。 そのビジュアルの美しさも目に焼き付けて。 画像1枚目:旬の食材を盛り込んだ全6品のランチコース4,500円。写真はエゾジカの内モモ部分を使ったステーキ(手前)とアオリイカの前菜。 画像2枚目:チョコ×洋ナシ×ミントのデザートも。 画像3枚目:木のぬくもりを感じる外観と店内。

2

加太駅

つぶらカフェ

【メニュ―】 ・イエローカレー ・おからハンバーグ ・近大ブリのブリカツランチ ・まごわやさしいランチ ・ところてん ・プリン (抹茶、なめらか、ほうじ茶) ・ぜんざい (お豆腐の白玉、抹茶白玉) ・めでタイアイスもなか ・めでタイあんみつ ・コーヒー ・紅茶 ・グリーンティ ・フレッシュミックスジュース ・季節のジュース など ※変更になる可能性があります。

2

加太駅

城ヶ崎

万葉集にも詠まれ、古くからの景勝地でもある城ヶ崎。 当時の歌人も眺めたであろう海辺の景色は、友ヶ島や淡路島、四国を一望することができ、見晴らしは雄大そのものです。 建てられた歌碑には、「藻刈舟 沖漕ぎ来らし 妹が島 形見の裏に 鶴翔ける見ゆ」とあります。 海にはのんびりと舟が行き来し、空には鶴が優雅に舞っている、そんな加太の美しく豊かな自然の風景が歌に詠まれています。

3

樽井駅

茅渟神社(ちぬじんじゃ)

社名にちなみ、チヌ(黒鯛)愛好家が供養と釣りの安全を祈願し全国から訪れる神社です。 熊野詣が盛んになる平安時代、庶民が八王子権現を勧請したのが起源とされています。豊臣秀吉の根来攻めで一度焼失しましたが、いまの社はその後再建されたものです。400年前の社殿は、桃山建築の様式を今に伝えています。 大阪湾は古くは「茅渟の海」と呼ばれていました。 神武天皇東遷の折、傷ついた兄の五瀬命が近くの「山の井」で血を洗い、海が血で染まり「血の沼」となった事が「茅渟」の由来と伝わっています。茅渟湾(大阪湾)でよく揚がる「チヌ鯛」(黒鯛)の大漁祈願に、全国から釣り人が訪れます。

2

泉佐野駅

オトメゴコロ 泉州おむすび

米、塩、具材(一部を除く)のすべてを地元・泉州産で作る、おむすび専門店。 貝塚・木積のヒノヒカリを使用。岸和田の羊水塩、阪南沖でとれた泉州海苔、南大阪唯一のブランド豚の犬鳴ポークそぼろ、泉南・金熊寺の梅林から金熊寺梅、北庄司酒造店の酒粕入焼きねぎ味噌が入ったおむすび等、100%泉州産のおむすびです。

2

Natts
ぶらり旅
めでたい電車
天空
minapita
とんぼりリバーウォーク
ホテル中の島
南海100駅自慢
なんかい日和