南海沿線の気になるスポットを発見!あちこち寄り道してみたい情報が盛りだくさん!

南海沿線情報誌 Natts

沿線トピック 沿線トピック

大阪・和歌山の「おでかけ」をご紹介 大阪・和歌山の「おでかけ」をご紹介

沿線トピック

今宮戎神社の「福むすめ(福娘)」は倍率70倍超え?! 応募方法や選考基準、歴代の福娘まとめ

今宮戎神社の「福むすめ(福娘)」は倍率70倍超え?! 応募方法や選考基準、歴代の福娘まとめ

  • 2022.01.13
  • 3

今宮戎神社の「福むすめ(福娘)」は倍率70倍超え?! 応募方法や選考基準、歴代の福娘まとめ

ブックマークする

LINE

今宮戎神社の「福娘(ふくむすめ)」になるには、倍率75倍といわれるほど人気の狭き門です。中には、将来アナウンサーとして活躍するか方もたくさんいます。

ここでは、今宮戎神社の十日戎に欠かせない「福娘」にフォーカス。お仕事内容や福娘になるための応募方法・選考基準について紹介します。また、福娘のOG会「いまみや福娘会」や2022年の福娘の最新情報についてもまとめました。

今宮戎神社の福むすめ(福娘)が有名!

今宮戎神社は、商売繁盛の神様・戎(えびす)様がお祀りされている神社です。

 

なかでも有名なのが、毎年1月9~11日の3日間で開催される十日戎(とおかえびす)。この縁日には、毎年約100万人もの参拝者が訪れ、多くのメディアに取り上げられるほどです!

 

関西に住んでいる方なら、笹を持った人々が境内にあふれる映像をニュースで見たことがあるという人も多いのではないしょうか?

 

十日戎

 

そんな十日戎に欠かせないのが、「福娘(ふくむすめ)」です。福娘とは、戎様との仲人(なこうど)のような存在。戎様との仲を取り持つだけでなく、戎様の福徳をたくさんの人に授けて回る、大切な役割を持つともいわれています。

 

福娘は、十日戎で「福笹」と呼ばれる縁起物を授けてくれたり、挨拶回りや餅まき行事、舞楽奉納式など、年間を通じて神社のさまざまな神事に参加します。200年以上前から続く十日戎に合わせて行われる「宝恵駕(ほえかご)行列」も、現代では芸妓に代わり福娘が参加するようになりました。

 

さて、今宮戎神社の福娘は、いつごろからあるのでしょうか?調べてみると、福娘が始まったのは、1953年(昭和28年)から。その歴史はとても古く、実に60年以上を数えます。

 

そして福娘は、毎年多数の応募の中から、選考によって決めらます。気になる福娘の選考倍率は、過去最高で75倍(2021年はコロナ禍であったにも関わらず65倍!)。満18~23歳までの未婚の女性(高校生は不可)40人が福娘になれるのですが、毎年約3,000人もの応募があるそうです。

 

これだけ人気が高いので、選ばれるのは至難の業……。福娘になるためには、非常に狭き門を突破しなければならないことがわかりますね。

 

今宮戎神社の福むすめ(福娘)のお仕事は?

今宮戎神社の福娘には、決められたお仕事がいくつかあります。これらのお仕事は「ご奉仕」と呼ばれており、十日戎(1月9~11日の三日間、朝9時~夜9時)開催時に行われる、神社授与所での笹の授与を行う姿が有名です。

 

十日戎の三日間、福娘の皆さんはおそろいの着物と千早に身を包み、頭には金の烏帽子をつけてご奉仕しています。そんな可愛らしい福娘の姿を見るだけでも、縁起のよい1年になりそう!本格的なカメラを持った方々が、福娘の写真を撮ろうとする姿も、十日戎お馴染みの光景となっています。

 

ちなみに、今宮戎神社の十日戎で拝領できる縁起物の「福笹」は、完成までに以下の3つのステップが必要となります。

 福娘授与所.JPG

 

<今宮戎神社 十日戎 福笹完成までの3ステップ>

▼SETP 1

今宮戎神社の境内にて、福娘によって無料で配られる笹を受け取る

 

▼SETP 2

「吉兆(きっちょう)」と呼ばれる縁起物のお飾りを選ぶ

 

▼SETP 3

選んだ吉兆は福娘の手によって笹へ結んでいただくことで完成

 

この3ステップからもわかるように、福娘に与えられた「笹の配布」「吉兆の飾り付け」のお仕事(ご奉仕)は、戎様のご利益を参拝者にお届けする、かなり重要な役割。また、福娘は十日戎の当日だけでなく、十日戎が開催される数日前から以下のようなご奉仕をしています。

 

<今宮戎神社 福娘 十日戎が開催される前のご奉仕>

・十日戎開催前の、官公庁・各関係団体・報道関係者に挨拶まわり

・1月7日の餅まき行事

・1月8日の舞楽奉納式への参列

 

福娘は、今宮戎神社を通じて戎様のご利益をいただくにあたり、まさに無くてはならない存在なのです。

今宮戎神社の福むすめ(福娘)はアナウンサーの登竜門!気になる倍率は?

アナウンサー.jpg

 

今宮戎神社の十日戎に華を添える福娘。しかし、その華やかな舞台に立つには、毎年行われる選考会で、高倍率の中を勝ち進んでいかなければいけません。

 

その選考倍率は、過去最高で75倍!40人の採用枠に対して、毎年約3,000人もの応募が集まる“狭き門”となっています。

 

超難関の福娘だけに、関西では「アナウンサーの登竜門」とも言われ、実際に多くの女子アナが福娘を経験しています。さらに福娘は“福をもたらす”と考えられることから、「福娘は、就職活動が有利になる」と言われるほど、アナウンサーを目指す女性以外からも大きなメリットがあるとされているようです。

 

今宮戎神社の歴代の福むすめ(福娘)たち

関西では「アナウンサーの登竜門」とも呼ばれている、今宮戎神社の福娘。

 

・黒田みゆさん(日テレアナウンサー)

・松井愛さん(毎日放送)

・進藤晶子さん(元TBS)

 

など、全国的にも有名な女子アナの方々が、福娘の経験をしています。

 

そして、平成10年には、福娘のOG会「いまみや福娘会」が発足。現役福娘としてのお役目が終わった後も「神社との繋がりを大切にしたい」「また縁日でご奉仕をしたい」という気持ちを持った女性が数多く参加しています。

 

「いまみや福娘会」の主な活動としては、大祭ご奉仕・福娘同窓会・夏祭 (こどもえびす)のお手伝いなど。2021年の十日戎開催時には、「いまみや福娘会」と書かれた赤いハッピを着た、たくさんの方がご奉仕されていました。

今宮戎神社の福むすめ(福娘)になるには?応募資格や選考の流れ

履歴書

 

倍率70倍以上とも言われている、超難関の今宮戎神社の福娘。ここからは、福娘になるための応募方法と審査内容を見ていきましょう。

 

<応募方法>

・応募資格:満18~23歳の未婚女性(高校生は除く)

・応募方法:市販の履歴書用紙に必要事項を記入し、写真を貼り付けて今宮戎神社に郵送もしくは持参

 

例年9月から募集が開始され、11月下旬に福娘が決定します。応募締め切りまでに履歴書を送付もしくは持参すればOK。エントリー自体は難しいものではありません。

 

<審査内容>

・1次審査:書類審査

・2次審査:面接審査(今宮戎神社にて)

・3次審査:面接審査・選出審査(クボタ大ホールにて)

 

福娘になるためには、合計3回の審査があります。

 

1次審査は書類審査。履歴書の不備をチェックする程度のものとなっているようです。2次審査は、今宮戎神社での面接審査。面接と言っても簡単な内容になっていて「番号、氏名、職業を伝えて審査員の前をウォーキングする」のみ。

 

最終審査となる3次審査は、クボタ大ホールで実施。地元大阪の風物詩として人気な今宮戎神社の福娘選考会ということもあり、このときにはTV局の取材も入ります。

 

3次審査は、2次審査と同じような内容で面接審査が行われ、100~150名の方が通過します。面接審査を通過すると、いよいよ最終選考となる選出審査!選出審査では、オーディション形式で自己PRをする時間が与えられ、福娘となる40名と約25名の「えびす娘」が決まります。

 

このように、今宮戎神社の福娘が決定するまでには、しっかりとした審査が行われます。福娘・えびす娘に選ばれることで就職活動など、その後の人生が有利になるのにも納得ですよね。

 

今宮戎神社の福娘になるための選考基準は?

 

今宮戎神社の福娘になるためには、2回の面接審査と最終審査を通過しなければなりません。その選考基準が気になるところですよね。しかし、福娘の選考基準については、残念ながら公表されていません。

 

2023(令和5年)年の今宮戎神社の福むすめ(福娘)選考スケジュール

カレンダー

 

今宮戎神社の福娘の選考スケジュールはどのようになっているのでしょうか。

令和4年(2022年)の福娘は既に決定しており、募集は終了しています。

 

来年、令和5年(2023年)の選考スケジュールについては、まだ正式発表がされていませんが、今宮戎神社の福娘の選考については、例年同じ時期に募集や選考が行われています。下記を参考にしてみてください。

 

<令和5年(2023年)今宮戎神社 福娘 選考スケジュール(予想)>

・募集開始:9月スタート

・応募締切:10月末まで

・書類審査:11月上旬

・面接審査:11月中旬

・選出審査:11月下旬

 

重要なのは、10月末までに顔写真付きの履歴書を送ること!応募期限が過ぎてしまえば、当然福娘の選考に参加することすらできなくなってしまいます。福娘に挑戦してみたいと思われている方は、9月から今宮戎神社の公式ホームページをチェックするようにしましょう。

今宮戎神社の福むすめ(福娘)に会いにいこう!

福娘

 

今宮戎神社の福娘になることは、関西では女子アナウンサーの登竜門と呼ばれていたり、一般の方であれば就職活動に有利なると言われていることをご紹介してきました。このような対外的なメリットだけではなく、福娘になることで「自分が鍛えられた」「自分に自信をもてるようになった」という声もあります。

 

それもそのはず!今宮戎神社の福娘は、十日戎の前後のイベントはもちろんですが、十日戎の三日間は、超ハードスケジュールでご奉仕しなければなりません。

 

実際に、帰宅時間が遅くなってしまうため、近くのホテルに泊まってご奉仕される福娘も少なくないようです。(ちなみに福娘になることで、賞金として15万円・他に訪問着一着が贈呈されますので、ご奉仕の対価としては申し分のない配慮がなされています)

 

過酷なスケジュールをこなさなければいけないのに、福娘として十日戎のご奉仕をやり遂げたあとでは「本当にやってよかった、ありがとうございました」という感謝の気持ちになれる。……まさに、戎様のお力ですね。

 

2022年の今宮戎神社の福むすめ(福娘)は?

 

2021年11月27日、大阪市中央区にある国際会議ホールにて、福娘の「発表会(お披露目会)が行われました。最終審査を通過した2022年(令和4年)の福娘44名が、この日、一般にお披露目。「今宮戎神社の福娘 発表会」は、多くのメディアが注目する大阪の一大イベントです。

 

実は、最終審査のあとで行われるこの発表会では、福娘の中から3名の「福娘代表」が選ばれます。「福娘代表」とは、コンテストでいうグランプリのようなもの。「福娘代表」に選ばれた人は、例年、メディアの取材に数多く露出しますので、目立ち度は間違いなく関西最強クラスです!

 

2022年(令和4年)は、3名の方が福娘代表に選ばれました。今宮戎神社の公式HPにて公表されているので、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

十日戎は福むすめ(福娘)を生で拝めるチャンス!

今宮戎神社.jpg

 

今宮戎神社の十日戎を訪れる際には、縁起ものと一緒に、福をもたらす「福娘」との出会いも楽しんでください! 福娘の皆さんのキラキラした笑顔に、きっと癒やされるはずです。多くの人が応募する選考会で狭き門を通過した、その年の福娘に、ぜひ会いに行きましょう!

沿線トピックTOPへ

関連記事

お気に入り

Natts
ぶらりたび
めでたい電車
天空
minapita
とんぼりリバーウォーク
ホテル中の島