【お知らせ】

当ホームページで掲載している価格について消費税増税に伴い変動している可能性がございます。詳しくは各店舗・施設までお問い合わせいただきますようお願いいたします。

南海沿線の気になるスポットを発見!あちこち寄り道してみたい情報が盛りだくさん!

南海沿線情報誌 Natts

スポット スポット

大阪・和歌山の「おすすめスポット」をご紹介 大阪・和歌山の「おすすめスポット」をご紹介

沿線のおでかけスポット

「高野山・高野山麓」のスポット検索結果

表示件数:
30 62
並び替え:

高野山駅

金剛峯寺

高野山真言宗の総本山で、全国3,600に及ぶ末寺の宗務を司っています。5万坪近くの広大な境内に、歴史に名を残す絵師の筆による豪華な襖絵で飾られた部屋や、豪壮な台所のほか、豊臣秀次自刃の間などが拝観できます。 写真左から 【1】主殿 主殿は、東西約60m、南北約70mもの広さ。「持仏間」には、本尊弘法大師坐像が祀られています。 【2】蟠龍庭 国内最大級の石庭「蟠龍庭」 は必見!2,340平方メートルもの大きさです。 【3】襖絵 寺内の大広間の襖には斉藤等室の襖絵「松に群鶴」などが描かれています。 【4】金剛峯寺 枝垂桜 高野山の春本番を告げる枝垂(しだれ)桜。江戸時代から栽培されている品種といわれ、垂れた枝いっぱいに咲く見事な桜はこの季節ならではの見どころです。<見ごろ:4月下旬~5月上旬>

2

高野山駅

奥之院

弘法大師の御廟がある奥之院は、壇上伽藍とならぶ高野山の2大聖地。弘法大師御入定の地であり、御廟では現在も弘法大師が瞑想を続けていると伝えられています。 写真左から 【1】参道 一の橋から御廟まで約2kmの参道には何百年も経た老杉がそびえます。木々の間には武将から庶民まで20万基を超す墓碑が並び、高野信仰の篤さをうかがわせます。 【2】弘法大師御廟 弘法大師御入定のあと、弟子達は足元に玉川の清流が流れるこの地に廟を建てました。大師信仰の中心聖地といえる場所です。 【3】燈籠堂 孝女お照が献じた「貧女の一燈(祈親燈)」、白河上皇が献燈の「白河燈」が一千年来燃え続けているお堂。全国の信者から献ぜられた数多くの燈籠が揺らめきます。 【4】姿見の井戸 中の橋を渡ってすぐ左側にあり、井戸の中を覗き込んで自分の姿が水に映らなければ「3年以内の命である」と云われていることから「姿見の井戸」と呼ばれています。 【5】みろく石 罪の軽い人は軽く、重い人は重く感じるといわれ、祠(ほこら)の格子から手を入れて持ち上げられるようになっています。 【6】お化粧地蔵 キレイに化粧をしてあげると、美人になれるという言い伝えがあり、多くの参拝者から化粧が施されて、ちょっぴり厚化粧の愛嬌のあるお顔立ちをされています。 【7】奥之院 雪景色 白銀に覆われた奥之院。キンと澄み渡る、厳かなる静謐。まさにこの世のものとは思えないような神々しさをたたえた世界は、訪れる人々の心を捉えて離しません。<見ごろ:12月~2月>

1

高野山駅

壇上伽藍

弘法大師が創建した真言密教の根本道場。奥之院とともに高野山の2大聖地として信仰されている場所であり、広い台地に金堂、東塔など、いくつもの堂塔が配置され荘厳な雰囲気がただよいます。 写真左から 【1】根本大塔 現在の姿は昭和12(1937)年に再建されたものです。高さ48.5mの朱塗りの大塔で、 内陣に胎蔵大日如来を本尊として金剛界四仏が安置され、16本の柱と壁に極彩色で描かれた諸尊とともに曼荼羅世界を表しています。 【2】金堂 一山の総本堂として重要な法会が営まれています。弘仁10(819)年に弘法大師が創建されましたが、幾度も焼失し、現在の堂は7度目で昭和7(1932)年に再建されたものです。ご本尊は薬師如来。 【3】中門 天保14(1843)年に焼失した中門が平成27(2015)年、172年ぶりに再建されました。持国天や広目天など四天像が祀られています。 【4】不動堂 建久8(1197)年行勝上人の建立と伝えられています。住宅風の仏堂として有名であり、国宝に指定されています。 【5】東塔 天保14(1843)年の大火で焼失しましたが、弘法大師御入定1150年御遠忌記念事業の一つとして昭和59(1984)年に再建されました。 【6】三鈷の松 弘法大師が唐から帰国の際、寺院建立にふさわしい土地を祈願し「三鈷杵(法具)」を東の空に投げました。帰国後、その三鈷杵を探し求めると高野山の松にかかっていたことから、この地を真言密教修行の地に選びました。

1

Natts
ぶらり旅
めでたい電車
天空
minapita
みさき公園
とんぼりリバーウォーク
ホテル中の島
南海100駅自慢
なんかい日和