南海沿線の気になるスポットを発見!あちこち寄り道してみたい情報が盛りだくさん!

南海沿線情報誌 Natts

沿線トピック 沿線トピック

大阪・和歌山の「おでかけ」をご紹介 大阪・和歌山の「おでかけ」をご紹介

沿線トピック

金剛山のキャンプ場「ちはや園地」で自然と星空を満喫!

金剛山のキャンプ場「ちはや園地」で自然と星空を満喫!

  • 2021.06.24
  • 1

金剛山のキャンプ場「ちはや園地」で自然と星空を満喫!

ブックマークする

LINE

キャンプが好きなアウトドア派におすすめなのが「大阪府民の森 ちはや園地」にある
「ちはや園地金剛山キャンプ場」です。

本記事では、ちはや園地金剛山キャンプ場の魅力や、利用方法・アクセスについて詳しくご紹介します。

金剛山のキャンプなら「ちはや園地」がおすすめ!

ちはや園地

 

ちはや園地金剛山キャンプ場は、南河内郡にあります。

 

キャンプ場のほか、「ちはや星と自然のミュージアム」「ピクニック広場」「展望台」などの施設が揃う絶好のアウトドアスポット。

標高が高く、冬場は雪が積もるような環境ですが、1年を通して開園しており、

四季折々のアウトドアアクティビティを楽しめます。

ちはや園地のキャンプ場とは

キャンプ場

 

ちはや園地金剛山キャンプ場の標高は約1,000m 。大阪で最も高い場所に位置するキャンプ場 です。

 

ちはや園地金剛山キャンプ場までは登山道を歩いて約70分かかりますが、 標高が高いため平均温度が低く、夏場にキャンプやバーベキューを満喫するなら最適。
また、秋は紅葉が美しく、冬には樹氷と雪遊びを楽しめることから、四季を問わず、大阪近郊のアウトドア好きが多く集まるのが特徴です。

 

ちはや園地雪景色

 

常設テント(夏季期間のみ)やバンガロー(4月~11月)といった設備が充実しており 、

「テントの設営に自信がない」というキャンプ初心者も安心して利用できます。

なお、テントを持ち込めば、1年中宿泊可能 です。

野外料理で胃袋も大満足!

野外で料理を楽しむ人たち

 

ちはや園地金剛山キャンプ場では、バーベキューロストル(グリルや焚火台に敷く耐久性の高い網)をはじめ、

かまどやピザ窯などが用意されており、アウトドア料理を作ることができます。

 

また、屋根付きの炊事棟 もあるので、天気が多少悪くても心配いりません。
晴れた日には、ウッドテーブルと椅子が設置されたコンロサイト を利用し、雄大な自然を全身で感じながら食事をするのがおすすめです。

 

雨も安心なデッキ

 

利用時に火のおこし方がわからない場合は、ちはや園地事務所の職員さんに聞いてみましょう 。
丁寧に教えてもらえますよ。

ちはや園地ではどんなキャンプができる?

キャンプ場常設のエントサイト

 

ちはや園地金剛山キャンプ場は、初心者から中級者・上級者までが楽しめるキャンプスポットです。

 

初心者の方は、場内にある常設テント を利用すると良いでしょう。
すでにテントが建てられているため、設営の手間と時間を省けます。


収容人数は6人 と大型のテントですので、家族やグループでの利用にも支障ありません。
ただし、常設テントを利用できるのは夏季期間のみ 。

 

8人用のバンガローなら4月~11月まで利用可能 なので、訪れる時期によって常設テントかバンガローを選ぶようにしましょう。

 

キャンプ場のバンガロー

 

なお、計22ヶ所ある持込用テントサイトなら通年で利用できます 。

しかし、現在(2021年6月)ロープウェイが運休中 のため、キャンプ場までは歩いて行くしかありません。

バス停からキャンプ場までは約70分かかるため、テントを持ち込む際は荷物をできるだけ少なくし、道中くれぐれもご注意ください。

 

また、冬キャンプに挑むキャンプ上級者もいますが、大阪で最も高い場所に位置するキャンプ場だけあって冬場はかなり冷え込みます。

防寒対策を万全に行なってください。

 

夜のキャンプ場

 

ちはや園地の利用方法

ちはや園地金剛山キャンプ場の施設は、すべて予約制です。

当日利用できずに困ってしまわないよう、必要な施設はできるだけ早めに予約しましょう。

 

団体利用の場合、宿泊は1年前から、日帰りは2ヶ月前から予約できます。
個人の場合は宿泊・日帰りとも2ヶ月前から予約可能 です。
利用する施設によって料金は異なります。

 

事前にしっかり確認したうえで予約するようにしましょう。

 

詳しくはちはや園地キャンプ&BBQのページをご覧ください。

ちはや園地へのアクセス

金剛山ロープウエイ前バス停付近

 

ちはや園地金剛山キャンプ場へのアクセスは、南海高野線「河内長野駅」で下車し、南海バス「金剛山ロープウェイ前」行きに乗車するのが一般的 です。
バス停の「金剛山ロープウェイ前」は終点なので、降り間違えることはないでしょう。

 

車の場合は、阪和自動車道美原北I.Cが最寄りI.Cです。
金剛登山道駐車場に車を停めましょう 。

 

駐車場・ロープウェイ前のバス停からは、ハイキングコースを歩いてキャンプ場を目指します。

徒歩約70分 の道のりのため、特に夏場など暑い季節は水分補給を小まめにしながらゆっくりと登りましょう。

ちはや園地にはキャンプ以外の魅力もいっぱい!

ちはや園地には、キャンプ場のほかにも魅力がたくさんあります。

 

ちはや星と自然のミュージアム

 

「ちはや星と自然のミュージアム」には展示スペースや学習スペースがあり、金剛山の自然とそこから見える星空を楽しく学べます。
事前予約をすれば、星空観察会にも参加可能(宿泊者に限る)。星雲や惑星を40㎝の反射望遠鏡で観察できます。

 

ちはや天体観察会

 

また、園内には大峰山系などを眺望できる展望台も。
360度のパノラマで展開される景色は、まさに絶景。

 

ちはや園地に訪れた際には、ぜひ展望台に立ち寄ってみてください。

ちはや園地金剛山キャンプ場は、アウトドアアクティビティの宝庫!

ちはや園地から見た関空方面の雲海

 

大阪市内からもアクセスしやすい「ちはや園地金剛山キャンプ場」は、キャンプやバーベキュー、トレッキングといったアウトドアアクティビティの宝庫として親しまれています。
大自然の中で思いっきり遊ぶ経験は、忘れられない大切な思い出になることでしょう。

 

大阪でアウトドアを楽しみたいのなら、ちはや園地を訪れてみてください。

おでかけ情報

スポット情報を送る

住所

大阪府南河内郡千早赤阪村大字千早1313-2

TEL

営業時間

4月~9月・平日/10:00~16:30

4月~9月・土日祝/10:00~17:00

10月~11月・平日・土日祝/10:00~16:30

12月~3月・平日・土日祝/10:00~16:00

料金

入園は無料です。ただし、キャンプ場施設の利用は一部有料です。

定休日

火曜定休・年末年始の定休 12/29~1/4

関連リンク

アクセス

南海高野線「河内長野駅」下車。

南海バス「金剛山ロープウェイ前」行き乗車、終点下車。

ロープウェイ前からハイキングコースを徒歩約70分またはロープウェイ「千早駅」から「金剛山駅」下車。徒歩10分。

※現在ロープウェイ休止中

地図アプリで見る

スポット情報を送る

沿線トピックTOPへ

Natts
ぶらりたび
めでたい電車
天空
minapita
とんぼりリバーウォーク
ホテル中の島