南海沿線の気になるスポットを発見!あちこち寄り道してみたい情報が盛りだくさん!

南海沿線情報誌 Natts

沿線トピック 沿線トピック

大阪・和歌山の「おでかけ」をご紹介 大阪・和歌山の「おでかけ」をご紹介

沿線トピック

KOYACOLORS〜2022.夏〜 涼を求めて夏の高野山へ

KOYACOLORS〜2022.夏〜 涼を求めて夏の高野山へ

  • 2022.06.20
  • 2

KOYACOLORS〜2022.夏〜 涼を求めて夏の高野山へ

ブックマークする

LINE

標高約800メートルに位置する高野山は、夏でも冷涼な気候に恵まれ、心地よく過ごせる天空の聖地。アジサイやスイレンなど夏の花を楽しんだり、涼やかな景色とグルメで心と身体を満たしたりと、夏こそ訪れたい高野山とふもとのスポットをご紹介します。

夏の花や清流ー夏ならではの景色を愛でに高野山とふもとへ

金剛峯寺

koyacolor-summer002.jpg

 

高野山の総門である金剛峯寺大門の近くは、6月下旬〜7月にかけて約500株もの色鮮やかなアジサイが咲き誇ります。朱塗りの門と淡い水色のアジサイとのコントラストも美しく、しっとりとした風情が楽しめます。

 

また、金剛峯寺の囲炉裏の間には世界的に活躍する日本画家・千住博画伯が奉納した総延長25メートルを越す障屏画『瀧図』が。滝が壮大に流れ落ちる大作を前にすれば、まるで全身にマイナスイオンを浴びているような爽快感を感じられ、暑さの中にひとときの涼を与えてくれます。

 

そして、11月21日までの金曜〜月曜にかけて、真言宗に伝わる瞑想法・阿字観(あじかん)を体験できる「ちょっと一息阿字観体験」を開催。日常を忘れてゆっくり息を整えて瞑想すれば、心と身体をリフレッシュできます。

 

koyacolor-summer003.jpg

 

koyacolor-summer004.jpg

 

DATA

住所:和歌山県伊都郡高野町高野山132

参拝時間:8:30〜17:00(受付16:30まで)

TEL:0736-56-2011

アクセス:

<大門>

高野線「高野山駅」からバス 「大門」下車 徒歩すぐ

<金剛峯寺>

高野線「高野山」駅からバス「金剛峯寺前」下車すぐ

※別途拝観料などが必要な場合もあり

詳しくはこちら

 

〈ちょっと一息阿字観体験〉

開催日:2022年11月21日(月)までの金曜・土曜・日曜・月曜※8/12〜15除く

開催時間:9:00〜、11:00〜、13:30〜、15:30〜(所要時間約1時間)

※行事などにより開催の見合わせ、時間などが変更する場合あり

料金:一般1000円(小学生以上、各回定員10人、予約不可先着順、別途拝観料必要)

会場:総本山金剛峯寺 阿字観道場

TEL:0736-56-2014/教学部教学課(土日祝は0736-56-2015/大師教会)

 

 

普賢院

 

koyacolor-summer006.jpg

 

国の重要文化財にも指定される四脚門(よつあしもん)が壮麗な普賢院。かつて松尾芭蕉が訪れ、現在も多くの俳人が訪れる俳句の寺としても知られています。

 

ネパールより招来した舎利殿(しゃりでん)のそばには樹齢250年のサルスベリの老樹があり、夏には可憐な花が楽しめます。高さ約6メートルのサルスベリは、寺院や文化財の多くが焼失した明治21(1888)年の高野山大火でも奇跡的に残ったもの。毎年、真夏の日差しを浴びながら、紅色や桃色、白色の花が清々しく咲き誇るさまは、一服の清涼剤のように心を和ませてくれます。

 

koyacolor-summer005.jpg

 

koyacolor-summer007.jpg

 

DATA

住所:和歌山県伊都郡高野町高野山605

参拝時間:9:00~17:00

TEL:0736-56-2131

アクセス:高野線「高野山」駅からバス「千手院橋」下車すぐ

※別途拝観料などが必要な場合もあり

詳しくはこちら

 

 

高野山大師教会

koyacolor-summer008.jpg

 

高野山真言宗の布教や御詠歌(ごえいか)、宗教舞踊などの総本部である高野山大師教会。白亜の門柱から中に入ると大講堂があり、その前庭の池では夏を迎える頃に約300輪のスイレンが見頃を迎えます。池には朱塗りの弁財天融通橋が架かり、葉の間から顔をのぞかせる白く可憐な花々との共演は、まるで一枚の絵画のよう。夏高野の風情を存分に味わえます。

 

koyacolor-summer009.jpg

 

koyacolor-summer010.jpg

 

DAT

住所:和歌山県伊都郡高野町高野山347

参拝時間:8:30〜17:00(受付16:30まで)

TEL:0736-56-2015

アクセス:高野線「高野山」駅からバス「金剛峯寺前」下車すぐ

詳しくはこちら

 

 

丹生都比売神社

koyacolor-summer011.jpg

 

高野山の地主神である丹生明神(丹生都比売大神)と、その御子で弘法大師を高野山へ導いたという狩場明神(高野御子大神)を始め四柱の神を祀る紀伊国一宮。

 

毎年6月30日には無病息災を願う初夏の風物詩「夏越の祓」が行われます。知らないうちに自らに受けた穢れを人形(ひとがた)に移して祓い、さらに古来疫病の多く発生した夏を無事に越すために行われてきた茅の輪くぐりをすることで、これからの半年の息災を祈願するという平安時代から続く由緒ある神事です。6月中はずっと参道に茅の輪が設置されているので、自由に茅の輪をくぐることができます。

 

また、8月11日から15日までの5日間は夏の本殿特別拝観を実施。期間中毎日1回、13時半から行われます。(所要時間約15分、コロナ感染症対策として人数制限あり)

普段は楼門前などからの拝観となる重要文化財の本殿を間近に見ることができる絶好の機会。さらに6月から8月末までは夏限定の御朱印が頒布されるなど、この季節に訪れる楽しみも満載です。

 

koyacolor-summer012.jpg

 

013.jpg

 

DATA

住所:和歌山県かつらぎ町上天野230

参拝時間:いつでも可(授与所8:45~16:30)

TEL:0736-56-0102

アクセス:高野線「九度山」駅からタクシーで約20分

詳しくはこちら

 

 

玉川の清流

0141.jpg

 

御廟(ごびょう)へと向かう参道の最後に架かる御廟橋の下を流れる玉川。奥之院の裏山に位置する霊峰・楊柳山(ようりゅうさん)から湧き流れる神聖な川で、水行を行う禊の場にもなっています。

 

秋は紅葉の名所とも知られるこの川は、夏ともなれば青もみじが水面に影を落とし、涼やかな景色に包まれます。濃淡さまざまな青もみじは、紅葉とはまた違う美しさがあり、緑と清流との光景は、心安らぐ夏だけの絶景です。

 

DATA

住所:和歌山県伊都郡高野町高野山奥の院の参道

アクセス:高野線「高野山」駅からバス「奥の院前」下車徒歩約10分

 

 

風鈴の装飾

koyacolor-summer015.jpg

 

夏の極楽橋駅を彩るのは見た目も涼しいガラスの風鈴。高野山を訪れるお客さまに“夏の風情”をお楽しみいただくために飾られた風鈴には、 南海沿線の子どもたちや駅を訪れた方々が願い事をつづった短冊が結ばれています。

カラフルな短冊が吊られた風鈴がずらりと並ぶ風景はフォトジェニックで、撮影スポットとしても人気を集めています。設置期間は6月22日(水)〜8月17日(水)まで。

 

DATA

住所:和歌山県伊都郡高野町高野山国有林

アクセス:高野線「極楽橋」駅構内

 

 

紀伊清水駅周辺のヒマワリ

koyacolor-summer016.jpg

 

南海高野線橋本駅~紀伊清水駅間の約70メートルの線路沿いに元気に咲き誇るヒマワリ。南海電鉄が推進する「こうや花鉄道」プロジェクトの一環で、「季節の花スポット」として、地元のボランティアと協働で植えた約130本のヒマワリが満開の花を咲かせます。

青空と爽やかな黄色のヒマワリ、そしてカラフルな電車という夏を感じる景色に出会えます。開花時期は7月中旬〜8月初旬まで。

 

DATA

アクセス:高野線「橋本」駅〜「紀伊清水」駅間

大河ドラマで話題 北条政子ゆかりの多宝塔を特別開帳

金剛三昧院「国宝 多宝塔 特別開帳」

koyacolor-summer017.jpg

 

鎌倉幕府の第二代執権・北条義時を主人公に、鎌倉幕府を支えた13人の忠臣を描いたNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』。義時の姉・北条政子ゆかりの金剛三昧院では、政子建立の国宝 多宝塔が特別開帳中です。

 

のちに尼将軍と呼ばれた北条政子が夫・源頼朝と息子・実朝の菩提を弔うため建立したという同寺院。高野山では最古の建物で、国宝指定を受ける多宝塔は、日本三名塔とも知られ、その中に安置される秘仏・五智如来(ごちにょらい)も名仏師・快慶作と伝わる重要文化財です。

 

この機会に鎌倉時代の歴史に思いを馳せながら、涼やかな夏の高野山を訪れてみては。

 

koyacolor-summer018.jpg

 

〈国宝 多宝塔 特別開帳〉

開催日:2022年12月18日(日)までの土日・祝日※お盆(8月11日~14日)と11月3日~6日は毎日開催

《特別拝観期間》

以下の期間中は、北条政子の書状や源頼朝、北条政子の位牌などをご覧いただけます。

7月16日(土)~9月4日(日)、10月8日(土)~11月27日(日)

開催時間:8:00〜17:00(受付16:45まで)

会場:金剛三昧院(和歌山県伊都郡高野町高野山425)

TEL:0736-56-3838

Email:info@kongosanmaiin.or.jp

アクセス:高野線「高野山」駅からバス「千手院橋」下車 徒歩約5分

拝観料:500円(7月16日(土)〜9月4日(日)、10月8日(土)〜11月27日(日)の土日・祝日は800円)

詳しくはこちら

涼やかな景色もご馳走!高野山の夏グルメ

金のごまとうふ【角濱ごまとうふ総本舗 飲食部門】

koyacolor-summer019.JPG

 

吟味した白ごまと吉野葛、深山から湧き出る岩清水を原料に、高野山開山以来変わらぬ製法を守り続ける胡麻豆腐専門店。

 

飲食スペースで提供する「金のごまとうふ(490円)」は、胡麻豆腐をデザート感覚で味わえる一品です。弾力のある胡麻豆腐に黒蜜ときな粉がかかり、滋味豊かな風味とひんやりプルンとした食感は、夏らしいおいしさ。

 

また、「角濱ごまとうふ胎蔵懐石(1900円)」は、胎蔵界曼荼羅の中心に描かれる中台八葉院を模した器にそれぞれ味わいが異なる胡麻豆腐が美しく並べられ、目にも華やか。店内はテラス席もあり、心地よい風を感じながら食事が楽しめます。

 

koyacolor-summer020.JPG

 

koyacolor-summer021.JPG

 

koyacolor-summer022.JPG

 

DATA

住所:和歌山県伊都郡高野町高野山230

営業時間:9:30〜17:00(ドリンク16:30L.O.、食事16:00L.O.)※売り切れ次第終了

定休日:不定休

TEL:0736-26-8700

アクセス:高野線「高野山」駅からバス「愛宕前」下車 徒歩1分

詳しくはこちら

 

 

さくらソーダ【西南院】

koyacolor-summer023.JPG

 

高野山の中で隠れ家的なカフェスペースがある「西南院」。作庭家・重森三玲が手がけた庭園があり、その庭を眺めながら静かな時間を満喫できます。

 

ドリンクは本格コーヒーをはじめ、サクランボの香りがほのかに香る「さくらソーダ」などが楽しめ、同院のマスコット「バックンとクーチャン」の柄が入ったお煎餅付き。四季折々の自然美が映える石庭も見応えがあり、静謐な時間に心が休まります。ドリンクはすべて500円。

 

koyacolor-summer024.JPG

 

koyacolor-summer025.JPG

 

koyacolor-summer026.JPG

 

koyacolor-summer027.JPG

 

DATA

住所:和歌山県伊都郡高野町高野山249

参拝時間:9:00〜17:00(カフェは10:00〜17:00、不定休)

TEL:0736-56-2421

アクセス:高野線「高野山」駅からバス「弁天前」下車すぐ

詳しくはこちら

 

 

ピタパンとアイスコーヒー【OLD STREAM】

koyacolor-summer028.JPG

 

旧幼稚園舎をリノベーションしたカフェ「OLD STREAM」。ご夫妻で切り盛りしており、自然に囲まれた気持ちのいい場所で本格コーヒーと手作りメニューが楽しめます。

 

コーヒーはオリジナルブレンドや季節ごとの味わいを楽しむ季節限定ブレンドなど、約10種類がスタンバイ。また、ピタパンや日替わりランチプレート、焼菓子などフードも多彩に揃っています。

 

店内は手作り雑貨の販売やアート作品などが展示され、ゆっくり見て回るのもおすすめ。一杯ずつ丁寧に淹れてくれるコーヒーとフードを楽しみながら、のんびりと過ごすのにも最適です。コーヒー400円〜、ピタパン300円〜。

 

koyacolor-summer029.JPG

 

koyacolor-summer030.JPG

 

koyacolor-summer031.JPG

 

koyacolor-summer032.JPG

 

koyacolor-summer033.JPG

 

DATA

住所:和歌山県伊都郡九度山町中古沢1-5(古沢幼稚園跡)

営業時間:9:00〜16:00

定休日:火・水曜日※臨時休業あり

TEL:090-1908-5162

アクセス:高野線「下古沢」駅から徒歩約7分

詳しくはこちら

 

 

デミグラスハンバーグのお重セット【げんじろうの昼ごはん】

koyacolor-summer034.JPG

 

うさぎの店長・げんじろうが出迎えてくれる「げんじろうの昼ごはん」は、大正時代に建てられた旅館をリノベーションしたお店。お昼のみの営業で、手作りランチが楽しめます。

 

一番人気の「デミグラスハンバーグのお重セット(1600円)」は、自家製ハンバーグや季節の副菜、酵素玄米、デザートがセットに。蒸し焼きにしたハンバーグはふわふわの食感で、ジューシーさも格別。

 

また、自家製の富有柿の柿シロップで味わう豆乳プリンもファンが多い一品で、なめらかな舌触りと優しい味わいが楽しめます。窓からは九度山の風景が広がり、ゆったりとした時間を満喫できます。

 

koyacolor-summer035.jpg

 

koyacolor-summer036.JPG

 

koyacolor-summer037.JPG

 

koyacolor-summer038.JPG

 

DATA

住所:和歌山県伊都郡九度山町九度山555-19

営業時間:11:00〜14:00(13:30L.O.)

定休日:月・火曜日※祝日は営業

TEL:090-8446-8208

アクセス:高野線「九度山」駅から徒歩約4分

詳しくはこちら

沿線トピックTOPへ

関連記事

お気に入り

Natts
ぶらりたび
めでたい電車
天空
minapita
とんぼりリバーウォーク
ホテル中の島