南海沿線の気になるスポットを発見!あちこち寄り道してみたい情報が盛りだくさん!

南海沿線情報誌 Natts

沿線トピック 沿線トピック

大阪・和歌山の「おでかけ」をご紹介 大阪・和歌山の「おでかけ」をご紹介

御朱印とは?その魅力や頂く際の注意点、保管方法まとめ

御朱印とは?その魅力や頂く際の注意点、保管方法まとめ

御朱印とは?その魅力や頂く際の注意点、保管方法まとめ

ブックマークする

LINE

神社やお寺を参拝したとき、その証として頂ける「御朱印」を集める「御朱印集め」が数年前から人気を博しています。本記事では、これから御朱印巡りを始めたい人に向けて、御朱印の魅力や種類、頂く際の注意点、保管方法を解説します。

御朱印とは?

goshuin_002.jpg

 

御朱印とは、神社やお寺を参拝した「参拝証明」として押印される印章印影のこと。いわば、「神仏とのご縁の記録」です。

 

御朱印は社寺によって異なりますが、「印章」と「参拝日、神社仏閣の名称、祀られている神様・仏様の名前などを墨書きしたもの」で構成されているのが一般的です。

 

御朱印の由来は諸説ありますが、もともとは巡礼者がお寺で納経をした際に受け取っていた証が原型と伝わっています。

御朱印帳の種類

goshuin_003.jpg

 

御朱印は、御朱印帳を持参して頂きましょう。

 

御朱印帳は、大きく分けて「蛇腹」「和綴じ」の2種類があります。「蛇腹」は山折谷折りで閉じられた帳面。現在、ほとんどの御朱印帳が「蛇腹」です。和紙を糸で閉じた「和綴じ」は今では珍しく、一部の社寺で採用されています。

 

神社やお寺には、それぞれオリジナルの御朱印帳が用意されているので、お気に入りのものを選べば御朱印集めがより楽しくなるはずです。

御朱印の魅力

たくさんの人がハマる御朱印の魅力は、そのアート性にあります。印章の朱色と墨の黒色が織り成すコントラストが美しいのはもちろん、同じ寺社でも御朱印を書いてくださる人によって違いが見られるのもアートたる所以。印章も押し方の強弱で濃淡が微妙に変わるため、ひとつとして同じ御朱印は存在しないといっても過言ではないのです。

 

最近では、趣向を凝らしたデザイン性の高い御朱印を提供している社寺もあります。時期や季節を限定したレアな御朱印もあり、特別感に浸れるのも魅力のひとつといえるでしょう。

御朱印の頂き方

goshuin_004.jpg

 

御朱印帳を準備する

まず、御朱印帳を準備しましょう。御朱印帳は、神社やお寺を参拝した際に頂くことができます。ただ、御朱印帳の取り扱いがない社寺もあるので、事前に調べるようにしましょう。御朱印帳はネットショップや文具店でも購入できます。

 

ノートやメモ帳に御朱印を頂くのはマナー違反となりますので、ご注意ください。

 

参拝する

御朱印は、あくまで参拝の証。そのため、参拝もせずに御朱印を頂くのは良くありません。 

きちんと参拝することが肝心です。御朱印を頂く本来の意味を忘れないようにしたいですね。

 

御朱印代を納める

参拝を終えたら、授与所または納経所で御朱印を頂きましょう。書いて頂きたいページを開けて御朱印帳を渡し、御朱印を頂いたら御朱印代を納めてください。

御朱印を頂く際の注意点・マナー

goshuin_005.jpg

 

御朱印集めはどうしても収集癖が刺激されがちですが、スタンプラリーやコレクションとは一線を画すものと認識しておきましょう。前述した通り、御朱印は「神仏とのご縁の記録」であるため、社寺を参拝した結果として御朱印が集まっているのがあるべき姿。御朱印を頂く前に必ず参拝するのは、当然のマナーです。崇敬する気持ちを持って御朱印集めに臨みましょう。

 

また、御朱印を頂く際は、あらかじめ小銭を用意しておくとスマートです。御朱印の相場は300円~500円程度ですので、100円玉を多めに持っておくと良いでしょう。

 

御朱印を書いて頂いている間は私語を慎み、静かに待ちましょう。書き方を要求するのはマナー違反。ひとつとして同じものが存在しない出会いを楽しむのも、御朱印の魅力と心得てください。そして、御朱印を頂ける日時を確認しておくようにしましょう。拝観時間外に出向いても御朱印を頂くことができません。

御朱印帳の保管方法

御朱印は「神仏とのご縁の記録」ですから、御朱印帳は大切に保管するようにしましょう。

 

とはいえ、御朱印帳の保管に特に決められたルールはありません。御朱印帳専用の置き場所を設置し、丁寧に保管してください。桐の専用箱が販売されていますので、それを活用するのも良いでしょう。

 

なお、御朱印は紙に墨で書いているものなので、湿気や油分は厳禁です。

南海沿線で御朱印がもらえる主な神社・お寺

ここでは、南海沿線で御朱印がもらえる主な神社・お寺を紹介します。

 

住吉大社

omikuji-rank_005.jpg

 

全国に約2,300社ある住吉神社の総本社。地元大阪では“すみよっさん”と呼ばれ、古くから愛されている神社です。年初には230万人以上の参詣者が訪れることで全国的にも有名。住吉大社では毎日いただける御朱印のほかに、月に一度や年に一度しかいただくことのできない貴重な御朱印もありますので、事前にチェックしておくのがオススメです。

 

DATA

営業時間:9:00~17:00(御守授与所)

TEL:06-6672-0753

住所:大阪府大阪市住吉区住吉2丁目9-89

アクセス:南海本線「住吉大社」駅から徒歩約3分

     高野線「住吉東」駅から徒歩約5分

     阪堺電車阪堺線 「住吉鳥居前」電停から徒歩すぐ

 

 

方違神社

omikuji-rank_006.jpg

 

摂津(せっつ)、河内(かわち)、和泉(いずみ)の3国の境に位置することから、“方位のない清地”と伝えられている神社。方位の災いから身を守る「方災除け」の神として崇められています。方違神社の御朱印は、神功皇后が方除けのお祓いをしたときに埋めた「黄金の鶏」がモチーフとなった「幸鶏(さちかけ)の鈴」が描かれているのが特徴です。

 

DATA

営業時間:9:00~16:00(ご祈祷受付時間)

住所:大阪府堺市堺区北三国ヶ丘町2-2-1

アクセス:高野線「堺東」駅から徒歩約5分

 

 

今宮戎神社

omikuji-rank_007.jpg

 

商売繁盛の神様・戎(えびす)様がお祀りされている神社。毎年1月9~11日の3日間で開催される十日戎(とおかえびす)は大変賑わい、毎年約100万人もの参拝者が訪れます。今宮戎神社の御朱印には、いつでもいただける御朱印と十日戎期間限定の御朱印の2種類あります。十日戎期間限定の御朱印は、「福笹」にちなんで笹がモチーフ。

 

DATA

営業時間:9:00~17:00

TEL:06-6643-0150

住所:大阪府大阪市浪速区恵美須西1-6-10

アクセス:高野線「今宮戎」駅から徒歩約2分

 

 

百舌鳥八幡宮

omikuji-rank_008.jpg

 

大和の時代、欽明天皇の頃に創建されたと伝わる由緒ある神社。社殿は府下屈指の大きさを誇っています。こちらでは、埴輪を模したかわいい入れ物に入った「埴輪みくじ」(初穂料1,000円)を引くことができます。また、毎年旧暦8月15日の仲秋の名月にかけて行われる「月見祭」が有名で、大迫力の「ふとん太鼓奉納行事」は一見の価値あり。百舌鳥八幡宮で販売されている御朱印帳には、ふとん太鼓や古墳をあしらった可愛らしいデザインも。

 

DATA

営業時間:9:00~17:00

TEL:072-252-1089

住所:大阪府堺市北区百舌鳥赤畑町5丁目706番地

アクセス:高野線「百舌鳥八幡」駅から徒歩約10分

 

 

犬鳴山 七宝瀧寺

omikuji-rank_009.jpg

 

日本最古の修験道の根本道場として知られる犬鳴山にある真言宗犬鳴派の大本山。七つの滝に弘法大師が金銀などの七宝を祭祀され、参拝すれば不動明王と七福神すべての加護が得られるともいわれています。

 

DATA

営業時間:7:30~16:30

TEL:072-459-7101

住所:大阪府泉佐野市大木8

アクセス:南海本線「泉佐野」駅からバス「犬鳴山」下車 徒歩約25分

 

 

高野山 奥之院

omikuji-rank_010.jpg

 

弘法大師がご入定されている聖地。一の橋から御廟までの約2キロメートルの道のりには、およそ20万基を超える諸大名の墓石や、供養塔、慰霊碑の数々が杉木立の中に立ち並んでいます。高野山奥之院でいただける御朱印は2種類。通年でいただける「弘法大師」と、「甲子(こうし・きのえね)の日」のみ限定で授与される希少な「大黒天」があります。

 

DATA

営業時間:御供所受付時間:(5月~10月)8:00~17:00、(11月~4月)8:30~16:30

     燈籠堂受付時間:通年8:30~17:00

TEL:0736-56-2002

住所:和歌山県伊都郡高野町高野山132

アクセス:高野線「高野山」駅からバス「奥の院口」「一の橋口」下車 御廟まで徒歩約40分

     または「奥の院前」下車 御廟まで徒歩約30分

 

 

金剛山葛木神社

omikuji-rank_011.jpg

 

大阪と奈良の府県境を縦断する金剛山の山頂付近にある神社。現在、金剛山守護神の葛木38社を合祀しています。なお、金剛山は、古くから神道と仏教の2つの信仰を融合・調和した「神仏混淆(しんぶつこんこう)」の霊峰 とされています。

 

DATA

TEL:0721-74-0005

住所:大阪府南河内郡千早赤阪村大字千早1009-2

アクセス:高野線「河内長野」駅からバス「金剛登山口」下車、徒歩約70分

 

神社やお寺が好きになる!御朱印を通じて社寺とご縁をつなごう!

御朱印集めがきっかけとなり、神社やお寺がますます好きになったという人は少なくありません。御朱印を通じて社寺とご縁をつないでいけば、ご利益にもあずかれそうですね。南海沿線には、御朱印を頂ける社寺が多くあります。あなたも南海沿線で御朱印巡りを始めてみませんか?

沿線トピックTOPへ

関連記事

お気に入り

Natts
ぶらりたび
めでたい電車
天空
minapita
とんぼりリバーウォーク
ホテル中の島
NKペダル